スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

劇作家紹介 廣畑明美

2011-07-17
廣畑 明美(ひろはた あけみ)

集団言葉サプリラボ 代表。劇作家。
小説なら伊坂さん、映画なら堤監督を大絶賛リスペクト中。

2006年:劇団こふく劇場永山智行氏の戯曲講座にて「なつかしい未来」を創作。2007年:劇作家サークルカクドラにて「キクニヨウ」を創作。2008年:飛ぶ劇場泊篤志氏の戯曲講座にて「美術館の人」を創作。夏限定劇団にて「メロスの走る前に…」の脚本を担当。

2009年・2010年:都城ミュージカルクラブ「Map Wander~地図にない村~」「きみに優しい音楽を~Reincarnation~」の脚本を担当。

2011年:アートプロデューサー養成講座にて朗読劇「マチイロ~終末写真美術館~」の脚本・演出・プロデュースを担当。市民参加による舞台制作事業 ドラマを作る会 スマイルみやこんじょ 朗読劇「ふちもふち/こめもこめ」にて作家として参加。

2013年:都城市総合文化ホールの企画にて「まちのおはなし志比田町編 水からのおくりもの」の取材、脚本、演出を担当。

その他、数々の作品を外部提供し、コトラボ作品の演出を手がける。
スポンサーサイト
カテゴリ :メンバー紹介 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

劇作家紹介 大浦太輔

2011-07-17
大浦 太輔(おおうら だいすけ)

落語家。劇作家。
1980年、宮崎県都城市生まれ。20代前後は小説家志望で、いろいろな賞に投稿していた。
2007年、劇団こふく劇場の永山智行氏の戯曲講座を受講後、戯曲を書くようになる。
2008年からは「古典落語同好会 どしろう党」に入党。「アマチュア落語家・柱大輔」としての活動も開始。

2010年に東京の「華のん企画」代表・峰岸直子氏のプロデューサー養成講座を受講。
2011年からはアートプロデューサーとしての活動も開始。

軽快な語り口で、コトラボの朗読作品のナレーションとして大活躍。

かと思えば、2007年、戯曲創作と機を同じくして、佛教大学通信教育部の文学部人文学科に入学し日本史を勉強中。もはや自分の肩書きが何か分からない状態に。

ドリフターズと日本史と北野武作品が好き。
シュウマイよりもギョウザ派。
コメディ志向。

ブログ「未だ熟せぬ者です」http://blog.waioi.com/mijukumono/
tag :

劇作家紹介 四位エリカ

2011-07-17
四位 エリカ(しい えりか)

劇作家。たまに役者。
ふとしたきっかけで劇団こふく劇場の存在を知り、戯曲を書いたりすることになる。映画「CHICAGO」が大好き。「マチイロ~終末写真美術館~」の出演をきっかけに、市民参加劇等に役者としても参加している。

2009年:劇団こふく劇場永山智行氏の戯曲講座にて「センタク」を創作。2010年:都城市総合文化ホール特別企画 水をめぐるドラマリーディングにて「おもいがわ」の脚本を担当 (朗読:演劇集団非常口)。

2011年:まちに物語の種を植えたいVol.1 朗読劇「マチイロ~終末写真美術館~」にて役者として参加。市民参加による舞台制作事業 ドラマを作る会 スマイルみやこんじょ 朗読劇「ふちもふち/こめもこめ」にて役者として参加。

2014年:都城市総合文化ホールの企画にて「まちのおはなし笛水編 やさしい風を感じて」の取材、撮影、編集を行い、映像作品を創作した。
カテゴリ :メンバー紹介 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

劇作家紹介 日高容子

2011-07-17
日高 容子(ひだか ようこ)

劇作家。音楽家。
戯曲講座を受けたことをきっかけにマイペースで戯曲を書き始める。人との出会いを大切に、戯曲も書きたい!音楽も創りたい・・と欲張りながら思っている。

2006年:劇団こふく劇場永山智行氏の戯曲講座にて「スクランブル」を創作。2008年:飛ぶ劇場泊篤志氏の戯曲講座を受講。

2011年:まちに物語の種を植えたいVol.1 朗読劇「マチイロ~終末写真美術館~」の音楽を担当。市民参加による舞台制作事業 ドラマを作る会 スマイルみやこんじょ 朗読劇「ふちもふち/こめもこめ」にて作家として参加。

2012年:まちに物語の種を植えたい企画Vol.2 「マダム凛子」の脚本を担当。

言葉サプリラボには欠かせない、劇中曲やオリジナルテーマ曲の作り手であり、ピアニストである。
カテゴリ :メンバー紹介 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

劇作家紹介 丸山みどり

2011-07-17
丸山 みどり(まるやま みどり)

劇作家。
初めて触れた演劇は、小学生の時に観た劇団四季の「エルリックコスモスの239時間」。未だに自分自身の演劇観の原点、だったりする。

2009年:劇団こふく劇場永山智行氏の戯曲講座にて「Present Day」を創作。2010年:都城市総合文化ホール特別企画 水をめぐるドラマリーディングにて「ひと、しずく。」の脚本を担当 (朗読:劇団第七インターチェンジ)。

2011年:まちに物語の種を植えたいVol.1 朗読劇「マチイロ~終末写真美術館~」にて役者として参加。市民参加による舞台制作事業 ドラマを作る会 スマイルみやこんじょ 朗読劇「ふちもふち/こめもこめ」にて作家・役者として参加。

2014年:都城市総合文化ホールの企画にて「まちのおはなし菖蒲原編 明日、咲く花」の取材、脚本、演出を行った。
カテゴリ :メンバー紹介 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。